読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pensée et mélancolie

思索・研究・執筆ブログ

【感想・書評】『神・時間術』がどんな本か?まとめてみた

 

f:id:danker:20170510133626j:plain

 

 

 

書店の自己啓発系の棚を眺めていたら目に入った、

 

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術 | 樺沢 紫苑 |本 | 通販 | Amazon

著者:樺沢紫苑


について、今日は紹介したい。

 

 

自己啓発本は派手なタイトルが多いのは確かだが、
ついに「神」まで登場したか、という印象。

 

 

そして、謳い文句は

「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す」

「あなたの24時間を科学的に2倍にする!」

 

である。

 


タイトルや帯に関しては「よくここまでやるなぁ」と思いつつも、
それらを含め詳しく本を調べるべく目を通した。

 

 

アフィリエイトをしていると、ブログデザインや広告の見せ方、
言葉遣いなど、常にマーケティングの視点からも本を読むため、
こうした本は参考になる。

 

 

もちろん、タイムマネジメントに関して有用な知見があれば、
取り入れるつもりだった。

 

 

 

 

結論から言うと、私としては買ってよかったと思うし、
時間術系の本の中では良書だと思う。

 

 

この本で優れている点を幾つかピックアップしよう。

 

 

集中仕事/非集中仕事

 

この本では、精神科医の視点からの、集中力についての様々な詳しい説明がなされてい

る。その集中力に基づいて、仕事術・時間術について述べられているが、なかでも注目

したいのは、普段の自分の仕事を

 

 

・集中仕事、、、、高い集中力を要する仕事

         (文章を書く、プレゼン等資料を作る、重要な書類作りなど)

・非集中仕事、、、それほど高い集中力を要しない仕事

         (メールチェック、電話、コピー、打ち合わせ、来客対応など)

 

この2つに分けていることだ。

 

 

そして、例えば文章を書いたりする集中仕事を効率よくこなすには、高い集中力を発揮

できる時間帯に割り振ったほうがいい。だから、集中仕事は午前中にやれ、と書かれて

いる。

 

著者によると、「朝の1時間は、夜の1時間の4倍の価値がある」

 

また、「集中力を高めようとするのはよくない」とも述べられている。

 

そうではなく、集中力の高い時間に、集中力が必要な仕事をせよ、ということらしい。

 

 

 

 

時間を1次元的に捉えず、2次元的に考えるべき

 

この本の内容の中で、一番興味を持ち、かつ疑いたくなるのは、

上記の「あなたの24時間を科学的に2倍にする!」というフレーズだろう。

 

 

実際それが可能なら、「忙しい、時間がない」「もっとうまく時間管理したい」と考え

ている人にとって、これほど魅力的なノウハウはない。

 

 

そのため、このフレーズの可否を少し書いておく。

 

 

よくある時間術と言うと、「毎日、夜19時~22時までの3時間に、テレビを見てい

る」ならば、「この習慣をやめ、その時間かわりに読書をしなさい、」

 

 

というものだ。

 

 

これが1次元的な時間の捉え方で、いうなれば時間を「切り取り&貼り付け」する発想

だが、著者に言わせるとこれはよくないらしい。確かに、この考え方では1日24時間

という時間は絶対に延びない。

 

―ーーーーーーーーーーーーーーーーー→

0                                                                 24

 

 

そうではなく、

まず時間を横軸にとり、縦軸に集中力をとる。そうすると、

その面積が仕事量になる。この面積を大きくなるようにしなさい。

 

ということのようである。

 

 

 

だから、この本で言われている24時間が2倍に!というコピーは、もちろん

1日が48時間に、ということではなく、24時間と言う時間の中で、今までの2倍以

上の仕事をこなせるようになる、と言うことを意味している。

 

 

この本を読んで実践をしっかりすれば、確かに効率は上がるはずなので、

まったくの誇大とは思わなかった。(肉体労働系の仕事が多い人はあまり効

率は上がらないだろうが)

 

 

作った時間で趣味・遊び・自己投資を

 

時間術系の本は、どれも真面目にやれば少しは新たに時間を作れるものだ。

だが、その時間に何をすべきかが重要で、その点著者は「自分が好きなこと」「楽しい

こと」、「本当にやりたいこと」、「自己投資」をしなさいと強く勧めており、

好感が持てる。私も、日本人はもっと自分が「本気でできる遊び」をする時間を増やし

たほうがいいと考える。

 

 

 

「ストップウォッチ仕事術」

 

具体的な仕事術について1つ取り上げよう。

 

「ストップウォッチ仕事術」である。

 

 

「アラームやストップウォッチを使って、効率を上げよう」

これはタイムマネジメントをしようと試みる人なら、恐らく誰もが1度は

思いつくものではある。 

 

 

ただ、この本では、アラームは集中力をリセットしてしまうからよくないとしており、

ストップウォッチの方を用いることをすすめている。

 

 

私もさっそく取り入れ始めた。実際すぐに効果が出るし、ストップウォッチを使い続け

ることで、どの仕事が効率がよく、どの仕事が悪いのかが改めて分かるため、

仕事効率についての意識改革につながると感じた。おすすめである。

 

 

※因みに、もちろん、「運動をしなさい」「よく寝なさい」というような、

ほかの多くの時間術系の本とかぶっている部分も幾つかあるが、

時間術が網羅された本と考えれば、それほど気にならない。

 

 

時間術の科学的な根拠が明確に書かれており、内容に一貫性がある

 

 

上記2点意外にもたくさんの時間術が紹介されているが、それがなぜ科学的に良いとい

えるかが各々しっかりと書かれており、それを知りたい方にはおススメだ。

 

 

著者の一番の問題意識について

 

最後に、、

 

著者の樺山紫苑さんは、精神科医である。

なので、日本の自殺者の数を減らしたいと考えている。

 

 

そして、自殺者の多さは、作業効率の悪さや、そこからくる長時間労働、仕事中心で

健康や家族との時間を犠牲にしたワークライフバランスによる所が大きいという。

 

 

また、本書で時間の使い方をもっと変えるきっかけになれば、と書かれている。

 

 

だから、この本は、自己啓発系の時間術本ではあるのだが、

裏にはっきりとそうしたテーマが篭められたものなのである。

 

 

 

 

 

5文型から24文型へ。『英文構成法』より

 

【目次】 

 

 

5文型‥高校英語の入り口

高校英語のはじめ頃、普通私たちは

 

・SV

・SVO

・SVC

・SVOO

・SVOC

 

この5つが基本文型であると教えられる。

ここで現れる英文の要素は、

 

主語  Subject,

動詞  Verb,

目的語 Object,

補語  Complement

 

このうち主語、動詞は確実に必要である。

そして動詞の種類(自動詞、他動詞など)によって、

目的語を取るか、補語をとるか、等が決まる。

 

英語を捉えるためには、5つの文型では少なすぎる

英語の動詞は、完全自動詞・不完全自動詞・完全他動詞・不完全他動詞、、と分かれている。これは間違ってはいないが、英語を習いたての学生は、5文型という教わり方では、実際に英文読解をする際に多様な英語の文章を捉えきれないし、英作文ですらすら書き出すことができない。なぜなら、5文型のあとに教わる多くの文法を、文の構成の全体像に結び付けられないからである。そのため、文型という概念をもっと広げて、英文構成の多くのケースを一望できたほうがいい。

『英文構成法』は、こうした趣旨から、5文型それぞれの形をさらに分類し、24コの文構成を提示している。

以下がそうである。

 

第1文型 SV →動詞は完全自動詞

1.SV toV

2.There V S

3.It VS

 

第2文型 SVC→動詞は不完全自動詞

4.SVC

5.S be toV

6.SVC toV

7.SVC that

8.SVC-O

9.SVC pp

10.It VCS

11.It VC that

12.SV n

13.SV pp

 

第3文型 SVO 動詞は完全他動詞

14.SVO

15.SV G-ing or -ed

16.SV toV

17.SV that

18.SV what

 

第4文型

19.SVOO

20.It VOS

 

第5文型 動詞は不完全他動詞

21.SVOC

22.SVOtoV

23.SVOP

24.It VOCS

 

これらのうち、5文型のどの形も、

① 仮主語・形式主語として It  が前に来る形

②不定詞 to V  あるいは 名詞節That が くっつく形

があることは共通しているので、覚えることはさらに減る。

 

私が学生の頃は、単純に5文型を教わり、その後さらに、仮主語や倒置や省略、など様々な文法を教わったが、例外が多すぎてよく混乱したものだ。はじめから、24個ほどの頻出の文の構成を頭に入れておけば、英文読解もかなり楽になる。

 

なお、『英文構成法』はこの24個の文構成に加え、

文のつなげ方として、次の10個を解説している。

①Time 時間

②Place空間

③Reason と Cause 理由と原因

④Purpose と Result 目的と結果

⑤Condition  条件法

⑥Concession 譲歩

⑦Manner   方法

⑧Comparison 比較

⑨and , but , or ,so 等の接続詞

⑩Relative Pronaun 関係詞

 

24文型+10

これを英語文章の基本として全体像を捉えておくと、英語学習が驚くほどスピードアップする。

 

※24文型の詳細は追記予定。

ミステリの推理のためのフレームワーク

 

 

■推理は集合

※そもそも何を推理するのか。

犯人なのか、 事件の性質なのか、、、

情報は足りているか。整理できているか、、、

 

●事件分類

・自殺OR他殺??

・死因・殺害方法は??

 

 

● プロファイリングする

犯人=Xとする

Xはn人

・共犯の可能性は??

・犯人像

・犯人の特徴

・動機は何だろうか

凶器

・調達ルート

・誰なら調達できたか

 

・トリックは使えそうか 

 

 

●登場人物{ A,B,C,D,E,F }

・すべて書き出してみる

・人物ネットワーク図で把握

(把握していない人物はいるか、入れ替わりはありえるか、実は繋がっている人物はいそうか 、双子はいないか、、、など。)

 

 

■空間→マップを作る

・犯行現場はどこか

(別の場所で死んでないか、など)

 

■時間→タイムテーブルを作る

・各人の行動

・死亡推定時刻

・アリバイ

 

●叙述の問題

・伏線

・ミスリード

 

 

 

アイディア・発想法の基本

 

今回は、アイディア・発想法について。

 

これは個別のケースでの発想法ではなく、

一般論に過ぎないのだが、

 

アイディアの基本は、

 

大量の失敗案を思いつくこと、である。

 

 

 

どんなジャンルの学問であれ

どんな仕事・職業の人であれ、

素晴らしいアイディア、類まれなアイディアというのは、

 

大量のボツ・アイディア、

 

を出していく中で生まれる。

 

泥臭く考える作業の繰り返しを経て、ようやく。

 

これが通例のようである。

 

 

 

ということは、何か良いアイディアを生もうと思ったら、

 

最初から数を狙いにいく。

 

これがむしろ効率的だと言えるのである。

 

 

つまり、ボツになってもいいから、まず思いついたことを

50個、100個、1000個、、、

書き出してみる。

 

むしろ、「よし、まったく使えないダメな案を100個書き出してみよう」

とトライしてみる。

 

、、

 

その失敗の中で、頭をひねる方向性が見えてくる。

※あるいは、ボツ要素の組み合わせが、最適解かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

【固定観念に気づく】分析視角について

 

分析視角とは、、、??

 

※英語なら、analytic  perspective などといえるだろう。この言葉は学術用語ではないです

 

●この概念を使うメリット

 

・思考や分析の固定的な視点を自覚できる。

・自分の固定観念を打破し、新たな着想を得られる。

・幾つもの視点や考え方を相対化できる。

 

以下が詳しい解説。

 

私たちは一定の視点や立場から問題を眺める

 

さて、私たちが何かを考えたり分析したり、問題を解くとき、

必ず「ある視点」「一定の視点」から考えることになる。

 

例えば、、、、

・学校でテストを受けている学生。

→彼らはふつう問題の「解答者」の視点から、答えを考える。

 

・顕微鏡を除く生物学者。

 

・ミステリー作品の読者。

→ふつう「事件の当事者の視点から描かれた話」を読む。

「犯人の視点」は描かれないか、もしくは巧妙に隠されている。

 

などなど、いくらでも色んな視点が考えられるが、、、

 

ひとつ確かなことは、

固定された視点は、何か分からないこと、認識できない盲点を生むので、リスク

であるということ。

 

平面の四角形と思って上から見たら三角柱だった

 

これは大きな危険だろう。

 

裏を返せば、思考上だけでも、視点を自由に変えられたら、

かなりの危険を避けることができるだけでなく、多大なメリットを得られる。

 

・「私」の視点・考えが相対化されること。

・新たな景色が見え、アイディア・思いつくことが変わること。

・そのため、思考の生産性が何倍も上がること。

 

例えば、こうしたメリットがある。

 

それゆえ、様々なシーンで自分の考えの視点を相対化したり

自発的に動かしたりすることはとても大事なことなのだ。

 

そのための最初のステップ

 

それは視点の「自覚」である。

 

なぜなら、自分がどんな視点・視角から考えているのか

「自覚」「気づくこと」ができれば、その視点を自発的に

動かせるからだ。

 

分析視角

 

はそのための概念だ。

 

ぜひ、この概念を

「いま自分はどの分析視角から捉えているだろうか?」

「この問題を解くための正しい分析視角は??」

 

などと使って、考えてみていただきたい。

 

思い込みのリスクをゼロにするには??

 

私たちはいつ何時も、「思い込み」をしてしまう。

これは固定された視点から生まれる。

その自覚からさらに一歩進んで、積極的な思考を展開するには、

 

「流動的な視点」を概念化してしまえばいい。

 

一点に留まることのない視点を持てば

固定観念にとらわれ続ける可能性は激減するはずだ。

 

→流動思考へ

 

 

【ワーク】

 

Q.私が持っている「思い込み」「固定観念」は何だろうか???